ハノイ食べ物5選

ハノイに一か月暮らして食べたおいしかったものを紹介します。

フォー

言わずと知れたベトナム料理、フォー。米の麺。スープは牛肉と豚肉の2種類ある。上にのっているのは、パクチーとレモングラス。市内のレストランの多くの店でフォーを扱っている。やはり。ベトナム人にとっても、定番のごはんのようだ。

ホアンキエム湖の近くで、ハノイNo.1ともいわれる「Pho Gia Truyen」というお店がある。ここのお店のスープは格別うまい!大きな鍋で肉の塊を煮だしたスープを使っているようだ。いつも観光客で混んでいるので、行列覚悟で挑もう。

パクチーが苦手な方もこれは、試してほしい!スープ一緒ならば、食べやすいぞ。

ブンチャー

こちらも定番。ベトナム人の友人に、まず連れていってもらうのがフォーとブンチャーだろう。フォーとは違うタイプの米の麺。それが、ブン。フォーは米粉を溶いた液体をクレープ上に蒸した生地を細かくカットして作る。対して、ブンは米粉でできた生地を型に入れ、ところてんのように押し出して作られる。食感はソーメンに似ている。

甘酸っぱいたれに豚肉や肉団子を入れて食べる。たれの中には、人参とパパイヤが入っている。大根のように見えるが、さすが、東南アジア。もし、あなたが初めてベトナムに来たのならば、初めて食べるパパイヤになるだろう。

バインミー・チャオ

「バインミーね、知ってる!サンドイッチでしょ!」と思ったあなた。どうやら、バインミーとは、フランスパンのことではなく、パン全般を指すらしいですよ。一番よく見かけるのが「バインミー・パテ」。バインミーの中に、パテとキュウリとハーブをはさんで食べる。

バインミーチャオは、BBQ味のソーセージやパテと一緒に、バインミーを食べる。 ベトナム人の友人は、パンをちぎってこのソースの中に入れて食べてたなぁ。なかなかに、アメリカンな味で意外な料理。

バイン・ボッ・ロック

タピオカの粉でできた餃子。もちもちとしていて、中には蒸した海老が入っている。ピーナッツ入って甘酸っぱい味のたれにつけて食べる。とってもおいしい。私がいった、ホアンキエム湖周辺のお店では、大量のパクチーがトッピングされていた。このパクチーを食べられるか否かで、今後、パクチーが苦手か否かが試されるだろう。

ベトナム中部の都市、フエの宮廷料理。ハノイ市内でも、観光地エリア意外ではあまり見かけない。

バイン・ダー・クア

カニみそラーメン。日本ではなかなかお目にかかれない…。じゅるる。中の麺が見えないほどの具沢山。さつま揚げ、揚げ豆腐、ソーセージ、野菜、豚肉、カニのすり身など。カニみそが入っていることもある。

比較的さっぱりとしており、表面に少しだけ油が浮かんでいる。非常に食べやすい味だが、具でおなかがいっぱいになってしまわないよう注意。

ベトナム北部の港町ハイフォンの名物。

プロフィール

東北大学経済学部3年生

大学では財務会計を専攻

その傍ら、Web制作をしてみたいと、独学で勉強中

現在は、ベトナムに留学している

趣味は料理